緊急事態「いま延長するとかどうとか言えない」 菅首相

新型コロナウイルス

[PR]

 新型コロナウイルス対応で首都圏4都県に出ている緊急事態宣言の解除の見通しについて、立憲民主党福山哲郎氏は「(感染者数など)数字は出ているのでわかるが、解除かどうかがわからない」と菅義偉首相の判断をただした。

 首相は「2週間延長した際には、病床の逼迫(ひっぱく)を改善したいというのが主な理由だった」と説明。「飲食店に絞って対応したが、約8割の発症者が減ってきている。そこは非常に効果があったと思っている」との認識を示した。

 一方で、「ここにきて(発症の)下落率が横ばいの状況になってきている」とも指摘し、「いま延長するとかどうとか言える状況ではない」と答弁した。首相はその上で、専門家の意見を聞きながら最終的に判断していく考えを示した。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]