菅首相が16日にワクチン接種 ファイザー製、訪米前に

新型コロナウイルス

菊地直己
[PR]

 菅義偉首相は16日午前、東京都内の医療機関で新型コロナウイルスワクチンを接種する。官邸報道室が明らかにした。

 首相は4月前半に米ワシントンを訪問し、バイデン大統領と対面による初の日米首脳会談に臨む。米国との調整で感染対策を「万全にすることで一致した」(加藤勝信官房長官)といい、首相を含めて、80~90人程度の訪米団全員が、出発前にワクチン接種するという。

 首相が接種するのは米製薬大手ファイザー製のワクチン。3週間の間隔で1人2回打つ。国内では政府が決めた優先順位に従い、医療従事者への接種が行われているが、訪米団は別枠となる。(菊地直己)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]