白鵬、連勝発進でも無言 理事長「良い時にはほど遠い」

[PR]

 途中休場した昨年7月場所以来の本場所。「フタを開けてみないと分からない」と場所前に不安を口にしていた白鵬が、連勝で滑り出した。

 宝富士相手に得意の右を差したものの、左上手が遠い。こうちゃく状態が続いたが、下手まわしを深く引く相手が前に出ようとしたタイミングを逃さず、左からの小手投げで転がした。

 自身の相撲は納得のいくものなのか。取組後の取材には2日続けて応じなかった。代わりに、八角理事長(元横綱北勝海)はこう評した。「体がまだ動いていないね。良い時にはほど遠い」。それでも、続けた。「ほど遠いけど、勝ってくると乗ってくるところはある」。さらなる復調を期待した。