GoToイート、再び停止 県、コロナ拡大受け

新型コロナウイルス

[PR]

 新型コロナウイルスの感染者が増加傾向にあるため、宮城県は16日から、県内で使えるプレミアム付き食事券の販売を停止する。

 プレミアム付き食事券の販売は苦境にある飲食店を支援する「Go To イート」の一環で、村井嘉浩知事が15日の定例会見で明らかにした。人の往来が増える昨年末にいったん販売停止し、その後、県内での感染者数が落ち着きつつあったことから2月23日に再開。ところが、3月に入って一日の感染者数が50人を超える日が出ていた。

 村井知事は会見で、2月の販売再開について「あの時点の判断は間違っていなかったと思うが、結果的に患者が増えてきたことを考えると、気の緩みにつながってしまったのは事実だと思う」と釈明した。一方で、「飲食店の厳しい状況は十分承知しているが、感染拡大の防止を最優先とした対応にご理解を」と呼びかけた。

 食事券は1冊5千円分を4千円で購入でき、これまでに約93万冊が販売された。

     ◇

 新型コロナへの感染として発表があったのは、14日は10歳未満~70代の男女49人で、15日は10歳未満~80代の男女20人だった。県内の医療機関に入院していた80代男性患者が14日に死亡して死者は計26人となり、感染者は計4116人。

 うち宮城刑務所の14日の発表によると、仙台拘置支所(仙台市若林区)で20代~60代の男性被告4人の感染が分かり、同支所の感染者は計40人になった。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]