根深い企業の接待文化 「贈賄防止ハンドブック」作れど

有料会員記事

増山祐史
[PR]

 「業務上の何か要請を行ったり、便宜を図っていただいたりしたことはございませんので、『贈賄防止ハンドブック』の規定には反しないと考えております」

 谷脇康彦・前総務審議官ら同省幹部3人に計18万円を超える接待をしていたNTT。15日の参院予算委員会に参考人として招致されたNTTの澤田純社長は、社員向けの「贈賄防止ハンドブック」との整合性を問われ、そう答えた。

 ハンドブックは2015年に定められ、表紙や目次がNTTホームページ上で公開されている。贈賄規制の考え方のほか、過去の摘発事例から問題回避の手がかりを考える内容になっている。NTT広報は「策定当時はグローバルにビジネスを展開しようとした時期で、国内外の法令順守を周知する必要性があった」とその目的を説明する。

「クリーンな企業だと思っていたのに」

 具体的な内容は「社外秘」だ…

この記事は有料会員記事です。残り1549文字有料会員になると続きをお読みいただけます。