原発より再エネのわけ 脱炭素化で河野規制改革相

有料会員記事

聞き手・大津智義
[PR]

 東日本大震災東京電力福島第一原発事故から10年となる今年、政府はエネルギー基本計画を改定する。昨秋には菅義偉首相が2050年までに温室効果ガスの排出量を実質ゼロにすると表明した。その実現のカギを握る再生可能エネルギー拡大に向けた規制改革を進める河野太郎・規制改革担当相に話を聞いた。

 ――あの大震災と原発事故から10年になります。この間のエネルギー政策をどう評価していますか。

 「諸外国のエネルギー政策は急速に変わったと感じています。原発事故が与えた影響は非常に大きい。もう一つは気候危機とも言われる温暖化のスピードの速さです。諸外国では再エネへのシフトが相当に進みましたが、日本はこの変化についていけなかった」

 ――なぜ、ついていけなかったのでしょうか。

 「電力業界の改革が遅れてい…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら