衆院選の候補者「大型連休前に方向性」 自民選対委員長

[PR]

 自民党の山口泰明選挙対策委員長は14日のBS番組で、次期衆院選に向けた党内の候補者調整について「大型連休前までに方向性を出していきたい」と述べた。

 山口氏は、月内をめざす新年度予算案の成立後に、菅義偉首相(党総裁)の意向を確認しながら、党内の各派閥との調整を進める考えを示した。衆院解散については「いつあってもよいように選挙態勢を組まないといけない」と語った。