千葉で変異株クラスター 昼カラオケで高齢者12人感染

新型コロナウイルス

今泉奏
[PR]

 新型コロナウイルスで、千葉県は15日、県内で初めて変異株のクラスター(感染者集団)が発生したと発表した。昼間にカラオケをする「昼カラ」で12人が感染。21日に迫る緊急事態宣言の期限について、森田健作知事は「まだ(感染者の減少が)足りない」と記者団に述べた。

 県と千葉市は、8~14日に感染がわかった723人のうち、133人に変異株のスクリーニング検査を実施。16人が変異株と判明し、この「昼カラ」関係者が含まれていた。15日時点で、60~80代の従業員と客の計12人、その家族の10歳未満~80代の計5人の感染がわかっている。

 感染は高齢者が中心で、歌う時にマスクをつけるなどの対策をしていなかったという。森田知事は「非常に強い危機感を持っている。変異株は非常に感染力が強い」と強調した。

 緊急事態宣言の期限を前にした変異株クラスターで、森田知事は「(宣言解除の判断に)もちろん影響する」。週平均の感染者は14日時点で103人となり、「やっぱり2桁、できれば50人と言ってきた。解除しても再拡大を考えなくてはいけない」とした。

     ◇

 県内では、14日に感染者106人、15日に感染者76人と90代以上の女性3人の死亡が確認された。木更津市の市立吾妻保育園では、園児ら計5人が感染するクラスターが発生。クラスターとなっていた松戸市市川市市原市の接待を伴う飲食店では新たに計7人の感染が判明した。(今泉奏)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]