犬の里親体験つづり小4が市長賞 市川の新聞感想文コン

三嶋伸一
[PR]

 【千葉】「第10回市川市小学生・中学生新聞感想文コンクール」の受賞者が決まった。朝日、読売、毎日、産経の4紙を市内の小中学校に無料で届けている市新聞組合の主催。1188点の応募があり、18人が受賞した。

 市長賞に選ばれた国府台女子学院小学部4年の小川ひなこさんは昨年8月、10歳のポメラニアン「なな」の里親になった。飼い主の女性が高齢になり、散歩に連れて行けなくなったのを知人から聞き、母親と会いに行った。一目で「飼いたい」と思ったという。

 引き取る際に、犬の里親や保護活動について新聞で調べた。引き取り手のない多くの犬が殺処分にされていることを知ったという。今では毎朝、ななの鳴き声で目覚める。朝の散歩に連れて行くことも。「新型コロナウイルスで家にいることが多かったのですが、ななのおかげで元気に過ごせました」と命の大切さを訴えた。

 新聞組合賞の大野小学校4年の石橋雨咲希(うさき)さんは、両親と買い物に行くのが大好き。最近、スーパーなどに使い終わったペットボトルの回収ボックスがあったり、レジ袋が有料化になったりしているのを見て、ごみの減量について記事を通して考えた。「商品は紙袋に入れて、ストローもパックも紙にすれば、プラスチックごみを減らせると思います」と元気に話していた。

 受賞者は次のみなさん(敬称略)

 【市長賞】国府台女子学院小4 小川ひなこ▽同小5 川添陽莉▽同小6 杉野遥香▽第一中1 金子連▽第三中2 古木実希▽下貝塚中3 小渕明輝【教育長賞】国府台女子学院小4 三澤佳愛▽同小5 山崎史乃▽同小6 羽富優菜▽第五中1 永田加音▽下貝塚中2 永沼悠▽第四中3 齊藤絢音【新聞組合賞】大野小4 石橋雨咲希▽国府台女子学院小5 大谷朝花▽同小6 杉山果蓮▽第三中1 田口ゆりの▽下貝塚中2 永沼爽▽第四中3 上條杏菜(三嶋伸一)