大和証券、初任給40万円も 実績次第で年収5千万円

吉田拓史
[PR]

 大和証券は、新入社員の初任給を月額40万円以上(30時間分の固定残業代を含む)にする人事制度を始める。自社の資金で株や債券を運用する自己売買部門のトレーダーやIT分野に携わる人材を想定して設ける「高度専門職」が対象。2022年4月入社から適用する。現在の総合職の基本給は25万5千円で、優秀な人材の確保に向けて新たな仕組みを導入する。

 転職者の採用や現役社員の転換とあわせ、30年度までに社員全体の5%程度(500人)を高度専門職にすることをめざす。成果を重視した報酬体系で、トレーダーであれば実績次第で年収が5千万円になることもあるという。

 金融業界では、外資系を中心に優秀な人材の引き抜きは日常的に盛んで、近年は人工知能(AI)を使った資産運用やネット取引の増加で、IT人材の獲得競争は他業種も含めて激しさを増している。

 大和証券グループ本社の中田誠司社長は「今まで取り込めていなかった人材に来て頂ける可能性がある」と話した。(吉田拓史)