ジル・サンダー、多彩な柄に躍動感 遊び、組み替える 

神宮桃子
[PR]

 ジル・サンダーが2021年秋冬ウィメンズコレクションを映像で発表した。デザインを手がけるのはルーシー・メイヤーとルーク・メイヤー。

【特集】ファッション特集ページはこちら

各ブランドのファッション・ショーの動画がご覧になれます。

 ジル・サンダーらしいミニマルなデザインのコートやシャツに、黄色や薄紫などの柔らかな色が明るい。赤や水色の花柄、幾何学柄、復活の象徴だという白と黒のチョウのモチーフなど、多様な柄が躍動感を与えている。

 ブランドによると、今回のコレクションは「個性、自由、変化への頌歌(しょうか)」。一人の人間が様々な側面を持つ存在であることを表現し、「服で遊ぶこと、服を組み替えることの楽しさ」を伝えているという。ランジェリーから着想を得たレースのドレスや、おなかのあたりまで覆う真珠の胸飾りなども存在感がある。(神宮桃子)