ボルトのグッズ、あの日本選手の写真も 陸上3D博物館

有料会員記事

ロンドン=遠田寛生
[PR]

 今後のスポーツ界のトレンドになるかもしれない。

 クリックすると目の前に博物館が現れる。続けると、実際に建物に入ったような光景が画面上に次々と映し出されていく。

 展示スペースには本物さながらのスパイクやユニホームがあった。紹介文や一部では動画も楽しめる。

 世界陸連が15日に立ち上げた、3Dのバーチャル博物館(MOWA)だ。

 スポーツ界初の試みだという。費用は無料。メールアドレスを登録すると誰でも「入館」が可能だ。

 世界陸連は2018年から陸上界の歴史を広めるイベントに力を入れ、世界12カ国で実施してきた。さらに増やす方針だったが、新型コロナウイルスの影響で全てが中止に。再開の見通しは立っていない。

 そこで代替の企画を話し合った。答えは「シンプルにオンラインに切り替えよう」。3D博物館の制作に取り組んだ。

 写真ギャラリーやメダルなど…

この記事は有料会員記事です。残り649文字有料会員になると続きをお読みいただけます。