谷脇前総務審議官が辞職 NTT接待問題の懲戒処分受け

[PR]

 総務省幹部らがNTTから高額な接待を受けていた問題で、武田良太総務相は16日の閣議後会見で、谷脇康彦・前総務審議官を停職3カ月の懲戒処分にしたと発表した。谷脇氏は辞表を提出し、同日付で辞職した。退職金の支払いは追加処分に備え、谷脇氏の同意も得てしばらく保留するとしている。

 同様にNTTから接待されていた巻口英司・国際戦略局長は、減給2カ月(10分の1)の処分とした。

 谷脇氏は2018~20年に計3回、NTTの澤田純社長らから10万円超の接待をされた。谷脇氏は放送関連会社「東北新社」からの接待でも処分を受けたが、その際に「違法な接待は他にない」と主張していた。

 武田氏は「幹部職員が公務員に対する信頼を著しく失墜させる行為を行い、職を辞するに至ったことは誠に遺憾だ。改めて深くおわび申し上げる」と述べ、陳謝した。