白鵬が春場所休場、ひざ手術へ 師匠「名古屋にかける」

[PR]

 大相撲の横綱白鵬(36)が春場所(東京・国技館)3日目の16日、日本相撲協会に休場を届け出た。「右膝蓋大腿(しつがいだいたい)関節軟骨損傷」などで約2カ月の加療が必要との診断を受けた。

 4場所ぶりに出場した今場所は2日目まで2連勝していた。右ひざのけがで途中休場した昨年7月場所を含めると白鵬の休場は5場所連続となる。

 師匠の宮城野親方(元幕内竹葉山)によると、白鵬は近く、右ひざの手術を受ける方針。師匠は「本人が、(7月の)名古屋で最後をかけるという話をしています。手術を受けて、良くなって、最後にかけようとなった」と話し、名古屋場所で進退をかけて臨む横綱の決意を明かした。

 白鵬は今場所初日に229日ぶりとなる白星を挙げ、2日目は平幕宝富士を下した。しかし連日、取組後の取材には応じなかった。2日目の取組をみた日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)は「まだまだ良い時にはほど遠い。体がまだ動いていない」と話していた。

 鶴竜を含めた2横綱は最近休場が多く、昨年11月場所後には横綱審議委員会から、「引退勧告」に次いで重い「注意」決議を受けていた。白鵬は翌初場所新型コロナウイルス感染により休場していたため、今場所が決議後初めての出場だった。

 鶴竜は初日から休場しており、今場所も両横綱不在となる。