谷脇氏辞職、野党「口封じでは?」 官房長官の見解は

[PR]

 総務省幹部らがNTTから高額接待を受けていた問題で、谷脇康彦・前総務審議官が16日付で辞職したことについて、立憲民主党後藤祐一氏は16日の衆院予算委員会で「今日辞めたらこの後、国会に呼べなくなる。口封じではないか。なぜ退職を認めたのか、大臣」と強く疑義を呈した。

 これに対し、所管の武田良太総務相は「公務に対する信頼を著しく失墜させる行為を行い、職を辞するに至ったのは誠に遺憾」と説明した。

 後藤氏がさらに「(谷脇氏は)今までも(国会に)来ていただいていた。なぜ辞職を認めたのか。口封じだ」と問いただすと、武田氏は「勝手に決めつけられても困る」と色をなして反論した。

 NTTからの接待問題で谷脇康彦・前総務審議官が辞職したことについて、加藤勝信官房長官は16日午前の記者会見で「行政に対する国民の信頼を失墜させ、さらに辞職に至ったことは極めて遺憾だ」と述べた。「今後、こうした疑念を招くことがないよう、政府として努めていきたい」とも語った。

 一方、国家公務員ではなくなった谷脇氏の今後の国会招致については、「明らかに民間の方になったということであり、そうしたことを前提に、まずは国会でお決めになるのだろう」と述べた。