菅首相、衆院解散は「情勢見て考えたい」 政権発足半年

小野太郎
[PR]

 菅義偉首相は16日午前、政権発足から半年を迎えたことを受け、首相官邸で記者団の取材に応じた。首相は衆院解散の時期をめぐり「常に申し上げているように、仕事をしっかり行っていきたい。ただ、(衆院議員は)秋までの任期なので、情勢をうまく見て考えたい」と述べた。政権としての実績を重視しつつ、慎重に解散時期を見定める考えを示したものだ。

 6カ月間の政権運営については「全力投球で取り組んできた。あっという間だった」と振り返った。「新型コロナウイルスの感染拡大を食い止め、国民に安心できる日常を一日も早く取り戻すことができるように、最優先で取り組んできた」と強調する一方、携帯電話料金の引き下げや不妊治療の支援拡充をめぐり「スピード感を持ってできた」と述べた。

 首相は「ポストコロナ後」との言い回しで、「日本が経済的にも活力を取り戻し成長するように、デジタル、グリーン、地方の活性化といったことに取り組んでいきたい」とも語った。

 NTTからの接待問題で総務省が谷脇康彦・前総務審議官を停職3カ月の懲戒処分にしたことについては「極めて遺憾なことだと思っている」と述べた。谷脇氏は辞表を提出し、16日付で辞職した。(小野太郎)