「首折れそう」多すぎる身分証 河野氏と小泉氏が改善

坂本純也、戸田政考
[PR]

 首からジャラジャラと垂れ下がる身分証、スッキリさせます――。河野太郎・規制改革担当相と小泉進次郎環境相が16日の閣議後会見でそんな発表をした。環境省の職員が立ち入り検査で使う多数の身分証について、愛知県から改善を求める声が河野氏のもとに届き、ひとつにまとめたという。今後、ほかの省庁や自治体でも、統合の動きを広めたいとしている。

 統合したのは、環境省の45種類の身分証。これまで温泉法や自然公園法大気汚染防止法浄化槽法など各法令に従って身分証が1枚ずつ発行され、検査時に身につける必要があった。

 小泉氏は会見で、愛知県の職員からウェブ会議で実態を聞いたことを紹介。これまで必要だった多数の身分証を手に、「なんと愛知県は25枚どころか1人で33枚、こういう方がいたそうだ。発行の事務作業が大きく軽減されることを非常に喜んでもらった」と胸を張った。

 さらに「こういったモデルが次の風穴につながっていけば」とも述べ、ほかの省庁や地方自治体でも同じような取り組みを後押ししていく考えを示した。

 河野氏によると、自治体から多数の身分証について「重くて首が折れそう」という話もあったという。検査先に一つひとつの身分証を提示しなければならず、人事異動などでの発行事務にも手間がかかっていた。

 このため、身分証1枚に資格などを統合する様式に変更。自治体が条例で定める独自の身分証についても、追加できるとした。河野氏は「行政手続きに関する生産性が極めて低い現実を直視し、不便なものは自ら直すことが必要だ」と語った。(坂本純也、戸田政考)