【動画】マネキンの歴史と最新事情=才本淳子撮影
[PR]

「まだまだ勝手に関西遺産」

 百貨店のディスプレーにかかせないマネキン。「日本のマネキンの発祥は京都」と聞いた。本当なの?

 調べると、京都の中心部に全国25社が加入する「日本マネキンディスプレイ商工組合」なる団体が。同組合によると、国産マネキンの源流が精密機器大手・島津製作所(京都)にあるという。

拡大する写真・図版歴代のマネキンと吉忠マネキンの吉田忠嗣社長。「時代を先取りするんだという気概でマネキンを作っている」=京都市中京区、滝沢美穂子撮影

 「島津製作所史」(1967年発行)をめくる。洋マネキン生産を始めたのは25年とある。

関東大震災後、「必需品」に

 2年前の関東大震災後に洋服の需要が高まり、マネキンは「必需品」になった。当時はフランスから輸入していたが、輸送には一難あった。マネキンの顔がろうでできていたため、赤道付近を通る時に、高温で溶けて顔の形が崩れた。その修復を担ったのが、人体模型制作の技術を持っていた島津製作所。この縁が、マネキンづくりのきっかけとなった。

拡大する写真・図版絵・グレゴリ青山

 ちなみに、マネキンは、フランス語では「マヌカン」。しかし、「招かん」では縁起が悪い。英語の発音に近い「マネキン(招金)」の呼び名が採用されたと言われている。

芸術と社会との結節点にも

 書籍「マネキンのすべて」の著者の一人、藤井秀雪さん(77)は「島津マネキンは単なる西洋の模倣ではなかった」と話す。当時、制作の中心になったのは、彫刻や洋画を学んだ芸術家たち。西洋文化に影響を受けながらも、洋装に似合う日本人の身体のイメージを追求した。和紙などで成型し、胡粉(ごふん)を塗っては磨いた。京人形づくりの流れをくむ、独自の技術が培われた。「マネキンが芸術と社会との結節点にもなった」

 太平洋戦争で島津マネキンは途絶えたが、戦後に元社員らが関わり、3社で再興。今に至っている。

「こうなりたい」と願う人たちの欲求を形に

 その一つ、「吉忠マネキン」を訪ねた。60年代に流行したミニスカートの女王・ツイッギーや、70年代にパリコレで活躍した山口小夜子を模したマネキンが並ぶ。「マネキンにはその時代の人々の憧れや夢が映し出されています」と吉田忠嗣社長(83)。芸術系大学の出身者らが、「こうなりたい」と願う市井の人の欲求を形にしてきた。

 しかし、低価格な衣料品が台頭…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら