「金融緩和は持久戦の覚悟」 前田栄治元日銀理事に聞く

有料会員記事

聞き手・渡辺淳基
[PR]

 日本銀行は18~19日の金融政策決定会合で金融政策の点検結果を示す。元日銀理事で、ちばぎん総合研究所社長の前田栄治氏に点検の注目点などを聞いた。

 ――日銀はいま何を説明する必要がありますか。

 「政策目標である『2%の物価上昇』が中長期の目標だと明確にすることだ。2013年の日銀と政府の共同声明では『できるだけ早期に実現する』とした。(日銀は)当初、達成時期のめどを『2年程度』としていて、多くの人はこれだけ長期化すると思っていなかった。しかし、金融緩和は持久戦に入った。新型コロナウイルスの感染拡大による経済ショックで達成はさらに難しくなった」

 「グローバルスタンダードで…

この記事は有料会員記事です。残り1985文字有料会員になると続きをお読みいただけます。