離島や山間部で、光回線開通を3カ月停止 NTT西日本

有料会員記事

奥村智司
[PR]

 NTT西日本(大阪市)が、離島や山間部などにある西日本の一部自治体に、インターネット光回線の新規の開通手続きを3月から約3カ月停止すると伝えていることが分かった。年度末の異動時期をはさむことも踏まえ、日本インターネットプロバイダー協会(東京都)などは、「社会的影響は甚大」として同社に解消を求める要望書を提出した。

 同社によると、停止は、光回線に関するシステムの移行による影響。工事に社外との調整が必要になる場合に限り、3月1日~5月20日に光ブロードバンド回線「フレッツ光」の「工事日の調整」を停止するといい、この期間は新規に光回線を申し込んでも開通できなくなる。

 自治体自らがブロードバンド回線を設置し、同社に貸して運用する「IRU契約」の地域が該当する。同社はIRU契約の自治体を公表していないが、京都府京丹後市和歌山県有田川町、岡山県西粟倉村、福岡県八女市など西日本の各地に複数ある。人口の少ない離島や山間部の自治体が採用している。

 同協会は3月8日、対象に含…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら