コロナ復帰の若隆景「自信になる」 結びで貴景勝に勝利

[PR]

 白鵬の休場によって結びとなった一番で、若隆景が会心の相撲をみせた。「思い切り当たって、下から攻めよう」。立ち合いは貴景勝に押し込まれたものの、圧力をこらえ攻めに転じた。いなされても崩れず、前へ出続けて寄り切った。

 新型コロナウイルスに感染し、初場所を休場。「相撲を取れない歯がゆさもあった。いまは土俵に上がれるありがたみを感じ、集中して全力で取っている」。もう一つ、期する思いがあった。福島市出身。この春場所東日本大震災の被災者に「上位戦でいい一番を見せる」と誓っていた。大関を破って初日を出し、まさに有言実行。「自信になる。一生懸命相撲を取って活躍するところを見せたい」