「核物質管理センター」施設で火災 職員1人が外部被曝

林義則
[PR]

 核物質の兵器転用を防ぐための検査業務などを行う公益財団法人「核物質管理センター」(東京)は16日、「六ケ所保障措置分析所」(六ケ所村)内にある放射性物質を扱う設備内で火災が発生したと発表した。設備内の廃棄物容器が焼け、消火にあたった職員1人の体表面に微量の放射性物質がつき外部被曝(ひばく)したが、健康への影響はないという。分析所外の汚染は確認されていない。

 センターによると16日午前10時40分ごろ、密閉した状態で放射性物質を扱うための設備「グローブボックス」(高さ1メートル、幅1・5メートル)内で塩化ビニル製の廃棄物容器(容量10リットル)から出火しているのを職員が発見。午前11時50分に初期消火を終え、午後2時すぎに鎮火した。

 出火時はプルトニウムとウランの分離作業の準備中だったという。初期消火にあたった職員1人の顔の一部に微量の放射性物質がついたことが確認されたが、すぐに除染を行い、健康への影響はないという。(林義則)