聖書原型の死海文書、60年ぶり断片発見 ユダヤ砂漠で

有料記事

エルサレム=高野遼
[PR]

 イスラエル考古学庁は16日、20世紀最大の発見とも言われた「死海文書」の新たな断片を発見したと発表した。死海文書は約2千年前に書かれた世界最古の聖書を含む古文書で、1947年に初めて発見された。文書の新たな断片が見つかったのは約60年ぶりだという。

 発表によると、数十個の死海…

この記事は有料記事です。残り757文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。