加藤長官「深刻に受け止め」 原発のテロ対策不備問題

[PR]

 東京電力柏崎刈羽原発新潟県)でテロ防止のための核物質防護設備が複数箇所で長期間機能を喪失していたことについて、加藤勝信官房長官は17日午前の記者会見で「大変遺憾であり、深刻に受け止めている」と述べた。

 東電に対して「強い危機感と緊張感」を持って、原子力規制委員会の検査に対応することを求めた。「抜本的な対策を講じることが重要だと考えている」とも語った。

 規制委は昨年9月、東電が原発を再び動かす「適格性」を認定している。今回の事案の発覚を受け、記者団から「東電に原発を再稼働する適格性があるのか」とも問われたが、加藤氏は言及を避けた。

 政府の懸案となっている東電福島第一原発の処理済み汚染水の処分方法決定への影響については「対応に変わるものはない」と語った。