変異株がフランスで猛威、新規感染の7割に 欧州諸国も

有料会員記事新型コロナウイルス

パリ=疋田多揚
[PR]

 フランス国内で初めて、新型コロナウイルスの新たな変異株が確認された。仏メディアが、発生地の名前をとって「ブルターニュ変異株」と呼んでいるもので、PCR検査をすり抜ける特徴があり、当局が調査に乗り出した。

 当局の発表や仏メディアによると、この変異株が確認されたのは仏西部の病院。2月22日に院内感染が発生し、79人が感染した。

 このうちの死亡した8人の患者から新たな変異株がみつかった。遺伝子配列を解析して分かった。

 8人のうち7人は生前、新型コロナ特有の症状がみられたものの、当初のPCR検査では陰性だった。抗体検査などを実施したところ、新型コロナに感染していることが確認されたという。

 フランスではこの新型とは別に、英国型、南アフリカ型、ブラジル型と呼ばれる変異株がすでに確認されており、新規感染者の7割を占める。

 1日の感染者数は約3万人なので、毎日2万人以上が変異株に感染している計算だ。

 フランスで初めて変異株が確認されたのは昨年末。今年1月半ばには新規感染者に占める割合が1%程度だったのが、2月半ばに4割を超え、瞬く間に広がった。

 フランスのマクロン大統領は今月15日、変異株の脅威を前に「数日のうちに新たな決定をしなければならないだろう」と語り、新たな行動規制を課す可能性を示した。

 危機的なのは約1200万人…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]