みずほ銀行の藤原頭取が続投へ ATM障害など対処へ

箱谷真司
[PR]

 みずほフィナンシャルグループ(FG)は17日、4月1日に予定していたみずほ銀行の頭取交代を見送り、藤原弘治頭取が4月以降も続投すると発表した。2月末以降にATM(現金自動出入機)障害などが相次いだことを受け、現状を詳しく把握している現在の体制で原因究明や再発防止を進める。

 藤原氏は4月1日付で会長になり、後任の新頭取に加藤勝彦・常務執行役員が就く予定だった。加藤氏は4月から副頭取に就く。

 みずほFGは同時に、システム障害を検証する第三者委員会を立ち上げることも明らかにした。岩村修二弁護士が委員長に就き、今後は2人以上の委員も選ぶ方針。第三者委員会とは別に、社外取締役でつくるシステム障害対応の検証委員会も発足させ、再発防止策の策定を検証するという。箱谷真司