休職しても「席そのまま、待っている」 いつか恩返しを

写真・図版

[PR]

 公務員をしています。若い頃に職場のストレスがもとで精神疾患となり、休みを取りながら仕事を続けて来ました。でも昨年5月、ついに仕事に行くことができなくなってしまいました。

公務員の50代男性

 30代の時も同様に体調を崩し、1年間休職。長期の休職は今回が2回目です。

 頭の中では仕事のことを考えてしまいますが、感謝しているのは、前回も今回も、職場の上司から「席をそのままにして待っているから、焦らずに療養してほしい」と言ってもらえたことです。

 病状は一進一退ですが、いつか必ず、職場復帰を果たして恩返しがしたいです。(三重県、50代男性)

     ◇

 あなたの働き手としての悩みや葛藤を「職場のホ・ン・ネ」にお寄せください。すでに掲載された「ホンネ」への感想や意見も歓迎です。連絡先を明記のうえ、朝日新聞経済部労働チーム(t-rodo@asahi.comメールする)までメールでお送りください。