米アトランタで銃撃 8人死亡、6人がアジア系女性か

有料会員記事

ニューヨーク=藤原学思、ソウル=神谷毅
[PR]

 米南部ジョージア州アトランタ周辺の3軒のマッサージ店で16日、銃撃事件が相次ぎ、計8人が死亡した。捜査当局や地元メディアによると、そのうち6人がアジア系女性とみられる。当局は21歳の白人の男を容疑者として逮捕した。

 最初の事件は午後5時ごろ、アクワースにある「ヤングズ・アジアン・マッサージ・パーラー」で発生し、捜査当局によると、4人が死亡した。地元メディアは当局者の話として、そのうち2人がアジア系女性で、残る2人は白人の男女と報じている。

 この約1時間後、最初の現場から約40キロ南東のアトランタ市内で、道路を挟んで向かい合う「ゴールドスパ」「アロマセラピースパ」両店でも銃撃事件が発生。捜査当局はここでも4人が死亡し、全員がアジア系女性とみられると明らかにした。

 捜査当局は16日夜、アトランタから約250キロ南に離れた場所で、ロバート・アーロン・ロング容疑者(21)の身柄を拘束。17日午前に会見し、ロング容疑者が「人種的な動機ではない」と供述していることを明らかにした。また、同容疑者は性的サービスを受けるためにマッサージ店を頻繁に訪れていたという。

 一方、韓国外交省は17日、犠牲者に4人の韓国系女性が含まれていると説明した。アトランタの同国総領事館が現地警察に確認したといい、現在、対応に当たっている。(ニューヨーク=藤原学思、ソウル=神谷毅)

アジア系市民を狙う犯罪が急増

 今回の事件でロング容疑者は「人種的な動機ではない」としているが、捜査当局は動機について調べを続けている。米国では昨年来、アジア系の市民を対象としたヘイトクライム憎悪犯罪)が急増し、市民の警戒感が高まっている。ニューヨーク市警は16日夜、アジア系コミュニティーを見回るための人員を配置すると発表した。

 カリフォルニア州立大の研究…

この記事は有料会員記事です。残り355文字有料会員になると続きをお読みいただけます。