変異株、26都道府県で399人感染 前週比128人増

新型コロナウイルス

[PR]

 厚生労働省は17日、新型コロナウイルスの変異ウイルスについて、16日時点で26都道府県で計399人の感染が確認され、前週(9日時点)から128人増えたと発表した。

 国立感染症研究所などでゲノム解析して、変異株の種類が確定したものをまとめた。内訳は、英国で報告されたものが374人、南アフリカで報告されたものが8人、ブラジルで報告されたものが17人だった。

 都道府県別では、兵庫が最多で94人(すべて英国型)。大阪72人(同)、埼玉57人(英国型42人、ブラジル型15人)、新潟32人(すべて英国型)、神奈川28人(英国型24人、南ア型4人)、京都24人(すべて英国型)、東京14人(同)、北海道13人(同)、広島12人(同)などとなっている。

 これらの国内事例のほかに空港検疫で74人の感染が確認されている。変異株は従来の株より感染力が強かったり、ワクチンの効果を低下させたりする可能性が指摘されており、厚労省は検査体制を強化している。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]