4知事、崩れたワンボイス 小池氏に異議唱えた黒岩氏

有料会員記事

[PR]

 菅義偉首相が21日で解除を表明した首都圏4都県を対象とする緊急事態宣言。1月に2度目の宣言の発出に向け、連携して政府に働きかけた4都県の知事たちは、宣言の解除に際し、共同で動くことはなかった。なぜか。

 「東京は今日400人を超える感染者が出ている。これからのポイントはリバウンドをどう防ぐか」

 小池百合子東京都知事は17日夜、神奈川、千葉、埼玉3県知事と開いた非公式の会議後、記者団にそう述べた。約1時間前に菅首相が解除を記者団に表明していたが、政府の解除の判断に先んじて、4人の知事たちが共同で政府に要望する動きは起きなかった。

 2度の延長を経て、2カ月半で解除されることになった緊急事態宣言。1月8日に始まった宣言は、4都県の知事が1月2日に西村康稔経済再生相に宣言を要請したことが起点となった。知事らは当時、コロナ対策で足並みをそろえる「ワンボイス」を強調した。だが、ある自治体関係者はこう語る。

 「4都県が政府を動かした成功体験は過去の話。ワンボイスは完全に崩れ去った」

 そのきっかけとなったのが、3月3日にあった4都県知事の非公開会議だ。首相が宣言再延長を表明する直前に開かれ、宣言の再延長をめぐって激しいやりとりがあった。

 複数の出席者によると、宣言…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら