ブラジャー?マスクフレームです 「似ている」から着想

有料会員記事

筒井次郎
【動画】お椀のようなこの形…ブラジャーのカップ部分がマスクフレームに=筒井次郎撮影、サンライズファッション提供
[PR]

 滋賀県彦根市地場産業であるブラジャー製造の技術を応用し、マスクの口鼻部分に空洞を作る布製フレームが開発された。下着素材なので着け心地がよく、コロナ禍のマスク生活を快適に過ごせるという。着想は「形が似てる」ことだった。

 マスクフレームは肌色で、縦9・5センチ、横10・2センチ、高さ3センチのお椀(わん)形。十字形に生地を残してくりぬき、口鼻にかぶせた時に息がしやすくしてある。

 お椀のようなこの形状。何かに似ていると思ったら、実はブラジャーのカップ部分の素材を使っている。開発したのは、大手通信販売向けの女性下着を手がけるメーカー「サンライズファッション」(彦根市元町)だ。

 話は昨年5月、新型コロナウイルスの感染拡大(第1波)に伴う緊急事態宣言が、地域ごとに解除され始めた時期にさかのぼる。

 先に感染が拡大した中国にあ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。