武田総務相、NTT社長との会食認める 1万円を支払う

[PR]

 武田良太総務相は18日の衆院総務委員会で、昨年11月11日にNTTの澤田純社長と会食で同席していたことを認めた。会食はJR東海の葛西敬之名誉会長から誘われたもので、「当日までほかの出席者は知らなかった」と述べた。飲食費は自身で1万円を払っていたという。

 JR東海の東京広報室によると、会食にはNTTの澤田氏のほか、NTTドコモ社外取締役の遠藤典子氏も同席していた。会食の趣旨は「宇宙政策の意見交換」だったとしている。

 武田氏は、葛西氏からの案内状に同席者は書かれておらず、「当日、どなたが何名来るかは全く知らずに出向いたのが事実」と説明した。

 1時間に満たない滞在で食事は頼まず、「ビール2、3杯程度を頂いたと記憶している」と述べた。「葛西さんとずっと会話していて、他の参加者と個別案件について会話したことはない」とも語った。