• アピタル

ヒトのiPS細胞から胚盤胞 新たな生命つくる可能性も

市野塊
[PR]

 ヒトのiPS細胞やES細胞から、受精卵が胎児になる初期段階である「胚盤胞(はいばんほう)」を世界で初めてつくったと、米国とオーストラリアのチームがそれぞれ発表した。将来的に、細胞から生命を新たにつくる技術につながる可能性があり、倫理的な課題も残る。18日付で英科学誌ネイチャーに掲載された。

 iPS細胞やES細胞から胚盤胞をつくることは、これまで難しいとされてきた。だが今回、米国のチームはES細胞やiPS細胞を使って、オーストラリアのチームは皮膚のもとになる細胞からiPS細胞をつくる方法を応用し、それぞれ胚盤胞をつくることに成功した。構造や遺伝子が本物と似ていた。いずれも従来より変化が進んでいない状態にした細胞を使うことで、可能にした。

 胚盤胞ができれば、受精卵の発生を体外で調べられる。発生初期の病気や、不妊症の研究、体外受精の技術の向上に役立つ可能性がある。一方、体外受精では受精卵が胚盤胞になった段階で子宮に戻す。両チームとも、つくった胚盤胞は細胞の状態などに違いがあり、「(本物と)同等ではない」としているが、より厳密につくられれば生命になる可能性は否定できない。

 京都大の斎藤通紀教授(細胞生物学)は、論文の方法では、胚盤胞をつくる過程で遺伝子に傷が入りやすく、うまく発生していくかはまだわからないという。「新たな生命倫理の課題を生む可能性もある、驚きの研究。科学界の検証を待つ必要があるが、大変価値のある研究の第一歩になる報告だ」と話す。(市野塊)