官房副長官、開会式演出「不適切」 組織委に説明求める

[PR]

 東京五輪パラリンピックの開閉会式の演出を統括するクリエーティブディレクターの佐々木宏氏が辞意を表明したことについて、岡田直樹官房副長官は18日午前の記者会見で「大会が国民や世界のみなさまに歓迎されるなかで開催できるようにするためにも、大会組織委員会はしっかり説明していただきたい」と述べた。

 佐々木氏は開会式に出演予定だったタレントの渡辺直美さんの容姿を侮辱するようなメッセージをチーム内のLINEに送っていた、と文春オンラインに報じられた。18日に大会組織委員会を通じて謝罪文を出し、「非常に不適切な表現がありました」と認めた。

 佐々木氏のLINEをめぐり、岡田氏は「まったく不適切なものであり、あってはならない」と批判した。