見舞いの送迎に昼食、わいた情 戻らぬ老後資金5千万円

有料会員記事

市原研吾
[PR]

 家庭用磁気商品のオーナー(販売預託)商法で約1万人から約2100億円を集めたとされる「ジャパンライフ」。破産手続きが進むなか、東京地裁で18日、出資法違反預かり金の禁止)の罪で起訴された元同社幹部の公判が始まった。被害者はやり切れない思いを抱え、その行方に注目している。

 「誘い文句につられ、老後の生活資金を奪われてしまった」。大阪府内の女性(78)は悔いる。投資した約6500万円のうち、約5千万円が戻っていないという。代理人弁護士が口座の出入金をチェックし、破産管財人にも確認しておおまかな被害額を特定した。

 女性は地方公務員だった。定年退職の前、友人宅に呼ばれ、ジャパンライフの役員を紹介されたのが投資のきっかけになった。

 大阪市内の店舗で毎月のよう…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら