世界で勝つ!優しすぎるレスラー、決意の自腹100万円

有料会員記事

金子智彦
[PR]

 国内無敵。でも、世界では勝てない――。己の立ち位置が定まらず苦しむ男がいる。レスリング男子グレコローマン130キロ級の園田新(あらた)(26=ALSOK)だ。

 「新型コロナウイルスの自粛期間中、練習しなかったら太るかなと思ったら、食欲も落ちちゃって。体重が減ってしまったのは結構ショックでした」

 レスリングの重量級といえば、筋骨隆々の大男が力比べをするイメージだ。しかし、園田の普段の体重はリミットの130キロに満たない。マットに上がる前から海外勢に見劣りする。

 昨年12月の全日本選手権で7連覇を達成した。だが、浮かない顔だった。「大学2年の大会から優勝してきたと思うんですが、そこから僕は成長しているのかな……」

 今年2月、オンラインでじっくり話を聞いた。

 「やっぱり世界で勝てないと…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら