文春から取材、慎重になった組織委「踏んだり蹴ったり」

有料会員記事

[PR]

 今夏に延期となった東京オリンピック(五輪)・パラリンピックの開閉会式の演出を統括するクリエーティブディレクターの佐々木宏氏(66)が18日、辞意を表明した。開会式に出演予定だったタレントの渡辺直美さんの容姿を侮辱するようなメッセージをチーム内のLINEに送っていた、と文春オンラインが17日に報じており、佐々木氏は18日に出した「謝罪文」で事実を認めていた。18日正午、大会組織委員会の橋本聖子会長が記者会見し「発言は不適切であり、大変遺憾だ」などと述べ、謝罪した。

 組織委内では、17日に報道される前から慎重に対応を検討していた。

 組織委は今月9日、週刊文春から来た開閉会式の制作費や演出チームの態勢に関する質問に回答し、一部で対応を検討。ただ、幹部の一人は当時、「(報道が)出てみないと分からない。どんな書きぶりなのか……」と慎重に様子をみる構えだった。

 17日午後に文春オンライン…

この記事は有料会員記事です。残り884文字有料会員になると続きをお読みいただけます。