「佐々木氏を解任する考えあったか」 橋本会長は答えず

有料会員記事

[PR]

 今夏に延期となった東京オリンピック(五輪)・パラリンピックの開閉会式の演出を統括するクリエーティブディレクターの佐々木宏氏(66)が18日、開会式に出演予定だったタレントの渡辺直美さんの容姿を侮辱するようなメッセージを演出チームのLINEに送った責任をとり、辞任した。大会組織委員会の橋本聖子会長は同日、記者会見で「発言は不適切であり、大変遺憾。あってはならないこと」などと述べた。

 佐々木氏は17日、組織委に辞意を示したという。橋本会長は当初、慰留することも考えたが「組織委がジェンダー平等の推進を重要施策として掲げている以上、辞意を受け入れることとした」と会見で説明した。

 記者会見では「問題の重要性を鑑みれば、本人の意思に関わらず解任する考えはなかったのか」との質問が出た。橋本会長は「仮定の質問なので、控えたい」と述べた。

 組織委は佐々木氏の後任選び…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら