ホームレス襲撃死論告 検察側が懲役8年と6年を求刑

松山紫乃、伊藤智章
[PR]

 岐阜市内で昨年3月、路上生活をしていた男性(当時81)が襲われて死亡した事件で、傷害致死の罪に問われた元少年2人(ともに20歳)の裁判員裁判が18日、岐阜地裁(出口博章裁判長)であった。検察側は「高齢の弱者を追い詰め、重大な結果を招いた」などとして、2人に懲役8年と同6年を求刑した。判決は25日に言い渡される予定。

 起訴状などによると、2人は無職の元少年(20)=傷害致死の非行内容で少年院送致=と共謀し、昨年3月25日未明、長良川にかかる河渡(ごうど)橋の下で生活していた渡辺哲哉さんを襲撃。約1キロにわたって石を投げながら追いかけ、土の塊を投げつけた際、渡辺さんを転倒させ、脳挫傷などにより死亡させたとされる。

 被告2人のうち、検察側が「犯行を主導し土の塊を投げた」として懲役8年を求めた1人について、弁護側は「同4年6カ月が相当」と主張。「従属的だったが、投石の合図をした」などと検察側が指摘したもう1人に対しては、執行猶予付きの判決を求めた。(松山紫乃、伊藤智章)