松本隆氏、音楽界に「次のビートルズを待っている」

有料会員記事

川本裕司
[PR]

 「木綿のハンカチーフ」の中で旅立って行った男性にはモデルがいた――。今もカバーが相次ぐ名曲の誕生秘話を、作詞家松本隆さん(71)が明かした。移り住んだ関西から見える東京の姿や、昨今の「詞」についての評価も語った。

 ――「木綿のハンカチーフ」のカバーが相次いだり、大滝詠一さんとの曲がCMから流れてきたり。詞の生命力が長い秘訣(ひけつ)は。

 「宮本浩次さんがカバーした『木綿のハンカチーフ』は素晴らしかったし、最近は女優の橋本愛さんが歌うバージョンも聴いたけれど、これも面白かった。オリジナルの太田裕美さんは明るくさわやかに歌うんだけど、これほど歌い手によっていろんな表現ができる曲はない。普遍的にみんなに愛されているんだと思う。歌い継がれるというのは、曲にとってとても幸せなことだよね。よく、詞は実体験ですか?と聞かれるけれど、ほとんどが妄想。実体験は1%くらい。真実をあまり吐き出したら聴く人の負担になって、そうした歌は残らないから」

 ――あまたある松本さんが手がけたヒット曲の中で「木綿のハンカチーフ」は、作曲した筒美京平さんも納得の一曲と話していました。

 「話し合いの中で地方都市の歌を作ろうと。『東京育ちのきみは地方のことを知らないだろう』と言われたりもしたけれど、炭坑町になじみがある福岡県出身のレコード会社のディレクター(77)をモデルに書きました。コンビを組んだ筒美京平さんにとっても、僕にとっても、断層となる作品。旧歌謡曲から脱却し、その土俵自体を変えようと試みた、ある種の見えない戦争。結果、Jポップの元祖になったと思う。京平さんがすごいのは、歌い出しの♪恋人よ ぼくは旅立つ……の最後の『つ』の音階を上げるところ。普通の作曲家はそこまで飛躍しない。天才だと思う。あと、この詞に明るい曲をつくるのもすごい才能。普通ならもっとしっとりした曲にするはずだから」

 ――筒美さんとは「スニーカーぶる~す」などでコンビを組み、一時代を築きました。

 「京平さんと出会ったとき、僕はどこの馬の骨かわからない存在だった。ただ、旧歌謡曲ではなくJポップというジャンルを作っていくためには、僕の詞が必要だった。そこに出会いの必然性があった。今も残っている曲は時代を超越していたのかもしれない。作詞した2100曲余りのうちの5分の1ぐらいは京平さんの曲で、最も多い。その次が、はっぴいえんどで一緒だった細野晴臣さんと大滝詠一さんの2人かな。『君は天然色』のように今もCMに使いたいという曲も多い」

現代の詞について、松本さんは「正直、あまりいいと思う詞はない」と語ります。コロナ禍で大打撃を受けた音楽業界についても聞きました。

 ――昨年が作詞家デビューから50年。どのように振り返っていますか。

 「僕は1970~80年代に…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら