後任いないから留任?佐々木氏、組織委描いた別シナリオ

有料会員記事

野村周平
[PR]

 今夏に延期となった東京オリンピック(五輪)・パラリンピックの開閉会式の演出を統括するクリエーティブディレクターの佐々木宏氏(66)が18日、辞任した。開会式に出演予定だったタレントの渡辺直美さんの容姿を侮辱するようなメッセージをチーム内のLINEに送っていたと文春オンラインが17日に報じると、佐々木氏は18日未明に謝罪文を公表し、事実関係を認めた。

 佐々木宏氏の発言を巡る問題について、大会組織委員会では週刊文春の取材を受けた3月初旬から対応に苦慮していた。報道が出た17日、当初描いていたシナリオは、「辞任」とは異なるものだった。

 「組織委にたくさんの問い合わせは来ているが、記事の内容が分からないと対処のしようがない」。報道が出る前、ある幹部は話していた。

 組織委が当初描いていたシナリオは次のようなものだった。

 まず、佐々木氏が謝罪する…

この記事は有料会員記事です。残り1655文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら