首相、4月訪米後に解散?「まったく考えず」収束を優先

新型コロナウイルス

[PR]

 新型コロナウイルス対応で首都圏4都県に出している緊急事態宣言の解除を菅義偉首相が表明した18日夜の記者会見で、4月に予定する首相の訪米やワクチン接種の時期が、衆院解散・総選挙の時期にどう影響するかについて質問が出た。

 首相は「まずワクチン接種について一日も早くみなさんにお届けするべきだと思う」と強調。変異株や高齢者施設への検査など五つの柱に挙げた感染拡大防止策に対応していくのが自らの役割だとした。

 その上で「訪米後解散だとか、まったく解散については考えていません。とにかく優先すべきはコロナの収束。収束をしっかりさせるのが私の責務と思っている」と述べ、早期解散に否定的な考えを示した。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]