「定点」大火砕流を語り継ぐ場に 住民ら災害遺構に整備

小川直樹
[PR]

 43人の犠牲者が出た1991年6月3日の雲仙・普賢岳長崎県)の大火砕流で報道陣20人が巻き込まれた同県島原市北上木場町の撮影ポイント「定点」付近が災害遺構として整備され、22日にお披露目される。長く手つかずのままだったが、「このままではいけない」と住民らが動き、被災から30年を前に、完成にこぎ着けた。

     ◇

 16日、雨の中で3台の車がクレーンでつり上げられてコンクリートの台座に据え付けられた。先月、地中から掘り出された新聞社の車両1台と報道陣がチャーターしたタクシー2台だ。さびおちて原形をとどめていない車体が、30年の時の経過を物語る。

 普賢岳を望む約3千平方メートルの敷地には、被災車両のほか、かつての人の営みを物語る水路跡の遺構も残した。山側には大きな溶岩も残る。整備を担ってきた造園業の宮本秀利さん(71)は「被災当時の空気感が残るこの場所で何が起きたのか、ありのままを感じてほしい」と話す。

 整備のきっかけは2年前。新聞社が「定点」付近に埋まっている自社の被災車両の掘り起こしを宮本さんに相談したことだ。

 宮本さんは「ちょっと待ってほしい」と保留した。定点から約500メートルの詰め所では消防団員12人が死亡。避難勧告に従わず取材を続ける報道陣の警戒のため現場にいて犠牲になった――という思いが、地域住民にぬぐいがたく残った。詰め所の遺構が整備されても、定点近くには市が慰霊のために建てた木製の三角錐(すい)があるだけで、整備は地元で口に出すのもはばかられるような状況だった。

 宮本さんは噴火災害時、島原ボランティア協議会理事長として全国のボランティア受け入れに奔走。森林再生を目的にした植樹活動も20年以上続けてきた。

 宮本さんは消防団員だった同級生ら仲間2人を亡くしている。「忘れるなよ、頼むよ、という声が聞こえてくるようです」。地域で災害の記憶が語られることが年々減っていく中、宮本さんは定点が、大事な防災教育の場だと考えていた。

 宮本さんが安中(あんなか)地区町内会連絡協議会の阿南達也会長(82)に相談したことで、話が動き出した。昨春ごろから準備が本格化。消防団員だった息子(当時24)を亡くした島原市の佐藤均さん(82)もその輪に加わった。「もっと早く整備しても良かったのかなと思う」と理解を示す。県内の報道各社が整備費を負担することも決まった。

 阿南さんにとっても、放置されてきた定点は気がかりだった。災害当日、役員を務めていたホテルではまだ修学旅行生を受け入れていた。大火砕流は住民の噴火災害への意識を一変させた。

 定点では今後、当時のことを住民らが語り継ぐ場にしていきたいと考えている。「火砕流の危険性は当時まだ広く認識されていなかった。二度と犠牲者を出さないための語り合いの場にしたい」(小川直樹)