水道の水って、どこから来る? 川や湖の水を浄水場で…

有料会員記事

川田俊男

写真・図版

[PR]

ののちゃんのDo科学

「水道水は、どうやってつくる?」

山形県・酒井次生さん(54)からの質問

ののちゃんのDo科学

ののちゃんは、朝日新聞に連載されている漫画の主人公で、小学3年生。学級担任の藤原先生を相手に、身の回りの不思議を質問します。聞いてほしい疑問はこちらへ。<br>science@asahi.comメールする

 ののちゃん 水道の水って、どこから来るの?

 藤原先生 多くの地域では、川やダムにある水、地下水などを浄水場という施設できれいにしているよ。もとの水がきれいかどうかで、浄水場の設備は少しずつ違うわ。

 のの 浄水場で何をするの?

 先生 東京都なら、水の濁りなどを取り除く「沈殿」→細かい濁りをこし取る「濾過(ろか)」→薬品を使った「消毒」というのが主な流れ。水をためておくと、まず砂や土が沈む。さらに、濁りの成分である粘土や金属、有機物の粒、プランクトンなども沈んでいくよ。でも小さな濁りの粒は水中を漂ってなかなか沈まないから、凝集剤という薬品(ポリ塩化アルミニウムなど)を入れる。すると濁りの成分は大きな塊になって、重さで底に沈んでいくんだ。

 のの それが沈殿だね。次は、濾過だっけ?

 先生 そう。沈殿させた後の上澄みの水にも細かな濁りの粒が残っているから、砂などの層を通してこし取る。粒が砂の表面にくっついて、水から取り除かれていくよ。ほかに、細かい穴があいた膜を通す「膜濾過」という方法もあるそうよ。

 のの もう飲めるの?

 先生 病気の原因になるよう…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら