「困る街」 梅田新エリアへの期待は? タウン誌編集長

有料会員記事

聞き手・栗林史子 筒井竜平
[PR]

 新たな姿を見せつつある大阪・梅田の街やJR大阪駅北側の再開発地区「うめきた2期」。関西のタウン誌「ミーツ・リージョナル」編集長を務める松尾修平さんに、これから期待することを聞いた。

 ――ミーツ・リージョナルは毎年4月、梅田にかかわる特集を組んでいますね

 「新社会人や、大阪に赴任してきた人に向けた特集です。梅田はまず訪れる場所ですし、新しいお店などがどんどんできて、大阪の中でも動きが激しい場所。いろんな場所に取材に回っている僕たちですら知らないことも多いです。昔に比べると街の範囲も広がり、徒歩で回るのは難しいほど。茶屋町や地下街、駅ビル、お初天神、新梅田食道街と、それぞれにカラーも全く違います」

拡大する写真・図版うめきた2期の完成イメージ=三菱地所提供

拡大する写真・図版ミーツ・リージョナルの松尾修平編集長=2021年2月18日、大阪市西区、栗林史子撮影

セントラルパークのように…

 「一方で、何でもそろってい…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら