米中外交トップが会談 「秩序脅かす」冒頭で中国非難

有料会員記事

ワシントン=園田耕司
[PR]

 米アラスカ州アンカレジで18日午後(日本時間19日午前)、バイデン政権発足後初となる米中外交トップの会談が始まった。ブリンケン米国務長官は会談冒頭、新疆ウイグル自治区や香港での人権弾圧問題などに具体的に言及したうえで、中国の行為が「世界の安定を維持するためのルールに基づく秩序を脅かしている」と強く非難した。

 会談には、米国からブリンケン氏とサリバン大統領補佐官(国家安全保障担当)、中国から楊潔篪(ヤンチエチー)共産党政治局員と王毅(ワンイー)国務委員兼外相が出席。19日までの2日間の日程で行われ、両国が激しく対立する安全保障を始め、バイデン政権が強い関心をもつ中国の人権問題など幅広い分野の課題が話し合われる見通しだ。

 ロイター通信によるとブリンケン氏は、今回の会談を通じて「中国の行為に対する我々の深い懸念について議論する」という米側の考えを示した。「深い懸念」の具体的な例として、新疆ウイグル自治区や香港、台湾の問題のほか、米国へのサイバー攻撃、米国の同盟国に対する経済的圧力を挙げた。

 バイデン政権はトランプ政権…

この記事は有料会員記事です。残り282文字有料会員になると続きをお読みいただけます。