緒方洪庵の「開かずの薬瓶」、中身は…? 素粒子で透視

小川裕介
[PR]

 大阪大学などの研究チームが、幕末の蘭(らん)医学者である緒方洪庵(1810~1863)が往診などで使ったとされる薬瓶の中身を突き止めた。瓶が古くフタが開けられないままになっていたが、素粒子の一種「ミュー粒子」を使った「透視」に成功した。

 緒方洪庵は幕末、阪大医学部の源流とされる蘭学塾「適塾」を開き、医療や教育に力を注いだ。研究チームによると、阪大は洪庵が愛用した薬箱二つを所蔵。このうち晩年に使った薬箱には、ガラス瓶22本と木製の筒状容器6本が残っているが、およそ半数は開けられない状態で、中身の詳細はわからなかった。

 そこで研究チームは、白い粉末が入ったガラス瓶1本を、茨城県東海村大強度陽子加速器施設「J―PARC(ジェイパーク)」に持ち込み、ミュー粒子をあてて中身を調べることにした。

 ミュー粒子はとても小さく、ガラスなどを通り抜けやすい性質を持つ。さらに粒子が行く手にある物質にあたると、物質によって異なる光が生じる。そのため、光を詳しく調べればどんな物質かがわかる。

 ミュー粒子は厚さ約3ミリのガラス瓶を通り抜け、中身から水銀と塩素に特徴的な光のエネルギーが観測された。瓶のフタには「甘」と記されており、当時「甘汞(かんこう)」と呼ばれ、下剤などとして使われた「塩化水銀」とわかった。毒性が強く、現在は使用されていない。

 阪大総合学術博物館の高橋京子・招へい教授(生薬学)は「緒方洪庵が治療を指示した手紙史料の解読研究では、甘汞は単独ではなく、複数の薬物に配合して、脳卒中リウマチ様症状の患者に使われたと考えられる」と話す。

 研究結果をまとめた論文は、国際専門誌Journal of Natural Medicines(https://doi.org/10.1007/s11418-021-01487-0別ウインドウで開きます)に掲載された。(小川裕介)