北朝鮮、マレーシアと断交 自国民の米国引き渡しを非難

有料会員記事

ソウル=鈴木拓也
[PR]

 北朝鮮外務省は19日、マレーシアとの外交関係を「完全に断絶する」との声明を発表した。朝鮮中央通信が同日伝えた。マネーロンダリング資金洗浄)の罪などに問われた北朝鮮の国民を、マレーシアが17日に米国側に引き渡したためとしている。

 同通信によると、声明は「我が国家最大の主敵である米国にへつらい、罪のない公民を被告席に立たせ、ついに米国に引き渡した」とマレーシアを非難した。米国に対しても「今回の事件を背後で操る主犯」と指摘し、「当然の対価を支払うことになる」とした。

 聯合ニュースによると、マレーシアが米国に引き渡したのは、北朝鮮籍のムン・チョルミョン被告(56)。米連邦捜査局(FBI)が「対北朝鮮制裁に違反して酒や時計などぜいたく品を北朝鮮に送り、資金洗浄した」として、身柄の引き渡しを要請していた。マレーシアの裁判所は2019年12月、容疑を否認するムン被告の引き渡しを認め、マレーシア最高裁が今月初めに上告を棄却した。

 朝鮮中央通信によると、北朝…

この記事は有料会員記事です。残り247文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら