今春の保育園、入りやすかった自治体は? 全国に調査

中井なつみ、栗田優美、浜田知宏
[PR]

 今年4月の入園に向けて認可保育園に申し込んだものの、1次選考で落選した子どもが全国の主要55自治体で4万人を超えたことが朝日新聞の調査でわかった。

 落選率が最も高かったのは、沖縄県八重瀬町で42%。東京都港区兵庫県尼崎市も4割を超えた。

 平均で23%と前年より微減にとどまり、施設整備が進むものの、ミスマッチなどでいまだ一部で「狭き門」が続く実態がわかった。

 調査は政令指定都市と東京23区、昨春の待機児童数が100人を超えた自治体に実施した。各地の落選率は次の通り(いずれも1次選考時点)。

      申込者数 落選率

札幌市   7312  28%

仙台市   5172  17%

さいたま市 9532  24%

千葉市   3845  16%

横浜市   17837 24%

川崎市   10501 26%

相模原市  3206  23%

新潟市   4180  4%

静岡市   2060  13%

浜松市   2536  28%

名古屋市 回答せず

京都市   6223  14%

大阪市   14531 26%

堺市    4973  19%※転園含む

神戸市   7907  26%

岡山市   4988  25%

広島市   3485 回答せず

北九州市  2761 回答せず 

福岡市   7655  13%

熊本市   3790  26%

政令指定市計122494 22%

千代田区  408   13%

中央区   1690  31%

港区    1494  40%

新宿区   1741  22%

文京区   1967  22%

台東区   1455  33%※転園含む

墨田区   1992  19%

江東区   3897  22%

品川区   3915  33%

目黒区   1856  19%

大田区   4865  22%

世田谷区  6015  35%

渋谷区   1477  21%

中野区   1731  20%

杉並区   3932  21%

豊島区   1331  17%

北区    2346  17%

荒川区   1435  19%

板橋区   3171  20%

練馬区   4704  21%

足立区   3234  22%

葛飾区   2449  15%

江戸川区  4450  26%

23区計 61555  24%

小平市   1331  36%

調布市   1781  25%

船橋市   3570  23%※転園含む

町田市   2277  19%

宝塚市   1556 回答せず

尼崎市   2410  40%

西宮市   3043  35%

明石市   回答せず 

姫路市   2848  32%

福津市   519   15%

筑紫野市  2374 回答せず ※継続・転園含む

鹿児島市  3435  34%※転園含む

那覇市   2637  21%

沖縄市   1398  25%

八重瀬町  527   42%

豊見城市  3401  9%※継続・転園含む

南城市   578   27%

南風原町  698   20%

100人以上計 34383  26%

合計   218432 23%

※申込者数の合計と落選率の平均は、回答がなかった自治体を除いて計算(中井なつみ、栗田優美、浜田知宏)