「武田総務相は答弁拒否」野党の抗議に…自民も「同感」

[PR]

 武田良太総務相が週刊誌報道を受けてNTTの澤田純社長と会食で同席していた事実を認めたことに関して、19日午前の参院予算委員会理事会で、野党側が「国会に対する冒瀆(ぼうとく)だ」と抗議した。

 武田氏はこれまで予算委の質疑で「NTTから接待を受けたことがあるか」と繰り返し問われたが、「国民が疑念を抱くような会食、会合に応じたことはない」と繰り返し答弁し、事実確認を避けていた。

 参院予算委の野党筆頭理事の森ゆうこ氏(立憲民主党)は理事会で、武田氏の姿勢に関して「答弁拒否だ。きちんと答えないと、委員会が成立しない」と抗議した。これに対して、与党筆頭理事の青木一彦氏(自民党)は「私も同感だ。全く同じ答えの繰り返しだった。しっかり注意したい」と述べた。